6.その他

キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)(平成26年4月1日版)

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用の労働者のキャリアアップなどを促進するための制度です。
紹介会社経由で採用した契約社員を一定期間後、正社員に切り替えるといった運用をしている企業が多いです。

下記の通り、雇用転換をすることで助成金を受給することができます。
※それぞれ、1事業所あたり10名~15名まで適用可能

有期契約社員 → 正社員  1人当たり50万円
無期契約社員 → 正社員  1人当たり30万円
有期契約社員 → 無期契約 1人当たり20万円

難易度 :★☆☆☆☆(極めて容易)
受給金額:★★★☆☆(やや高額)
必要書類:★★★☆☆(平均)

 

申請書類ダウンロード(Wordファイル)

キャリアアップ助成金_正規雇用等転換コース_申請書類

情報提供:「Jマッチ」助成金取得のクラウドサービス

 
詳細はこちらからご覧いただけます。本補助金・助成金の申請も可能です。
Jマッチでは、申請を担当する士業(税理士・社労士等)を無料でご紹介しております。
Jマッチにログイン後、検索画面でから検索いただくか、下記のURLをクリックしてください。

●本補助金・助成金個別情報:www.jmatch.jp/detail.php?sq=145
 ※Jマッチ新規会員登録はこちらからお願いいたします。

 

ご注意事項

・本申請書類および記載情報は掲載時点のものになります。最新情報はJマッチ等で随時ご確認ください
・申請書類の宛先は各都道府県、募集団体ごとに異なる場合がございます。最新情報はJマッチ等で随時ご確認ください
・補助金、助成金の申請には、一定の申請基準や審査がある場合がございます。事前にJマッチ等で随時ご確認ください
・補助金、助成金は全て「後払い」になります。申請には領収書などの支払明細が必要になります

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Jマッチ会員ログインはこちら
  • 新規会員登録(無料)をする

関連記事

  1. 9703fa7ab19552965a64ce35f8063771_m

    6.その他

    Jマッチで助成金申請をする「3つ」のメリット 

    こんにちは。Jマッチ事務局の川谷です。おかげさまでご利用企業数…

  2. 01

    6.その他

    ついに出た!新規事業・創業系補助金をまとめて申請する方法

    ※本コラムはBIGLOBE連載の補助金コラムからの抜粋になります。Jマ…

  3. 商店街まちづくり事業

    6.その他

    商店街まちづくり補助金・申請書類(平成26年5月21日版)

    商店街組織を対象に、まちづくりのための設備投資に対して支給されます。…

  4. 労働環境向上助成金3

    6.その他

    労働環境向上助成金・申請書類

    中小企業に向けた雇用管理制度の整備を支援するための助成金です。定額…

  5. saiyo

    6.その他

    Jマッチ事務局では、運営スタッフを募集しています!

    Jマッチ事務局を運営する(株)ライトアップ本体でも人材採用を開始しまし…

  6. 06c9e95bd54aa166cb7994ab10f8820b_s

    6.その他

    インバウンド系にサイバーセキュリティ対策まで! 8月発表の補助金ニュース

    こんにちは! Jマッチ事務局の佐々木です。8月もお盆はだいぶ涼しく…

  1. IMG_7535
  2. 06c9e95bd54aa166cb7994ab10f8820b_s
  3. fd3d6325f40f06976513f7524036223a
  4. 5f4722c70514cf97bcfe944c7b6dc282-1-1024x530
  5. c0cde7c3528d70acc29aa60ad619daf7
  1. ac75fcae2eb626994de813bd112d0af7

    4.提携情報・共催セミナー

    あいおい損保さま主催経営者向けセミナーにて後継者、経営幹部育成というテーマで講師…
  2. ひまわりベンチャー

    6.その他

    ひまわりベンチャー育成基金・申請書類(平成26年11月4日版)
  3. 862dc05723a2fcf1b6515901950b0965_m

    1.お役立ちコラム

    社員1人の休職は、社員3人分の損失? メンタルヘルスケア導入でリスクヘッジを
  4. 受付2

    6.その他

    どんなところ?渋谷にあるJマッチ事務局の事務所をご紹介!
  5. question42

    6.その他

    新規事業を進める前に「経営革新計画」を取得する
PAGE TOP